パニック障害対策にやったこと




こんばんは

今回は自分がパニック障害で症状が出そうなとき、出ないようにするために

試していたことを紹介したいと思います(主に電車)。

1.アメを舐める(ガムを食べる)

電車の中でのどが苦しく、息苦しくなることが多かったので

アメを口に含んで気を紛らわしていました。

結構おすすめなんですけれど、甘いアメは太るかもしれませんのでご注意を。

 

2.常に飲み物を持っておく

ちょっと怪しいなと思ったときなど

飲み物をのどに通してスッキリさせる方法です。

ただ飲み物なので一時的なものになってしまいます。

炭酸系ではなくてサラッっと飲めるものをオススメします。

 

3.音楽を聞く

電車の中や移動中など、イヤホンで音楽を聞く。

周りの音が聞こえなくなるので

結構オススメです。

好きな音楽とか入れておきましょう!

電池切れには要注意です。

 

4.本を読む

これも時間のあるときにできるのですが、

電車にのっているときに試してみたのですが

字を読んでいたら目が回ってきてしまい

余計に気持ちが悪くなってしまいました…

個人的にはおすすめしませんが

本の好きな方はいいと思います。

5.妄想、想像

僕は部活をやっていたので

どんなことをするか妄想想像したりしていました。

家帰ったら何しようかなとか

6.ネットサーフィン

スマホで好きなことを調べて

これ買いたいなとか、あったら便利だろうなとか

情報を集めて楽しむ、おすすめ。

7.ゲームをする

自分はするならスマホのゲームでしたが

あっという間に時間と電池がなくなっていきます。

ただどうしても体調が悪いときはだめでした…

周りに見られて恥ずかしいとか思わない方でしたら

おすすめです。

8.お酒を飲む

通勤や通学の際にはできませんが

家に居てすこし辛いときに多少のお酒を楽しむ程度に飲むのはおすすめです。

ただパニック障害の人はお酒を飲んでアルコール依存症になる人が多いそうなので

※これは要注意です

 

一番は病院に通院して治すことが最良だと思いますが

苦手な事をして「大丈夫だった!」「できた!」

思うことは大切なことだと思いますので

少しでも対策をできればいいなと思います!