パニック障害について その3




パニック障害について続きを書きたいと思います。
前回はこちらから↓
パニック障害について その1
パニック障害について その2

始発に乗るようになったのにも係わらず

立て続けに症状がでて心が折れてしまった自分は

大学に行かなくなり、休学をすることになりました。

休学してから

休学してから何をするわけでもなく

ただただ毎日毎日過ごしていました。

運がよかったのか知り合いの人にバイトを紹介してもらえる機会がありました

自分は休学したばかりで状態もあまりよく無かったので

もう少し待ってからにしてほしいと伝えたところ

「何もしてないよりはましだろう」

という言葉を言われ、まあ確かにこのまま何もしない訳にはいかないと思い

面接を受け、バイトとして採用してもらえるようになりました。

アルバイトの作業内容としては特に難しいことはなく

余計なことを考えないでいられたのですが

朝から発作の前段階みたいな状態になることが続いて

何回も遅刻していく訳にもいかず

結局バイトも辞めてしまいました。

期間も1週間ぐらいだったので相当な迷惑をかけて

申し訳なかったと思っています。

それからしばらくはほとんど家に引きこもっていて

たまに外にでるくらいでした。

外にいる普通の人は外に出るために不安なんてないだろうに

自分は外に出るのにもいつ発作が起きるか不安を抱えていました。

エレベーターに乗るのにも息苦しさを感じ

もしエレベーターの中でなってしまったらどうしよう

他に乗っている人に迷惑をかけてしまう。

すれ違う人たちに「こんな時間になにしているんだろう」

「仕事してないのかな」

と思われているんだろうなと

こんなはずじゃなかったのになぁ

なんでこんなになっちゃったのかなぁと思いました。

 

それから暫く経って

1年以上、自分はいわゆるニート状態でした。

働きもせず、大学にも行かず

親にも心配と迷惑をかけ親不孝なことをしていました。

ただこのままではまずい

少しずつでも行動しなくてはと思っていました。

そこで暫く時間も経って、体調的にも前よりは多少なりともよくなっていると

感じていたので、アルバイトを探す事にしました。

自分は室内や密閉されているところが苦手だったので

それに当てはまらないような仕事を探しました。

そこで見つけたのが配達のアルバイトでした。

バイクに乗っての配達だったので

ほとんど外に近い状態で働けました。

面接をしていただいて事情などを話したのですが

若いからというような理由ですんなり受け入れて頂けました。

時間にこそ追われますが、外の空気に触れられていたので

そうとう気が楽に過ごせました。

アルバイトで働くにつれて

外で働く分にはだいぶ慣れていきました。

ですが自分はただのフリーター

世間的にみたらあまりよくない状態でした。

この頃からもっと気楽にいこうと思えるようになりました。

よく考えたら今までは他人に気を使い

自分自身の思っていることや考えていることを出すことは少なかったです

パニック障害になってそう思えたのは良かったことなのかもしれません。

嫌われても別にいいかなと、悪い事をしている訳でもないし

町ですれ違う人も、もしまた会ったとしても

すれ違っただけで覚えている人なんていないだろうと思えるようになりました。

ただ自分がパニック障害であると伝えると

気の持ちようでしょ

冗談でしょ?

と言われ薬を飲んでいることは

タバコと同じじゃん

と言われましたw

病人扱いしてほしい訳ではありません

自分でなりたかった訳でもないですし。

あまり知られていないこともありますが

なったことのない人には自分の気持ちは分からない!

思いました!

もちろん自分だけではなく

他の人のした辛い経験なども

少しわかったような感じで聞いていても

実際になってみないとその人の気持ちなんて

分からない。

寄り添うことはできると思います

ただ100%理解するのは難しいことだと

この状態になって学べた良いことでした。

正社員として就職

フリーターから抜け出そうと思い、正社員募集の求人に応募することにしました。

営業、配達、作業員、介護など色々ありましたが

自分は小規模の会社の事務を受けることにしました。

事務というと女性が多いイメージでしたが

その会社はどちらでも可能ということで

応募したところ次の日には電話がかかってきて

すぐに面接に来てほしいと言われ

翌日面接に行き後日採用を決めて頂きました。

規模の大きくない会社だったので人が足りていなかったのか

自分にとってはラッキーでした。

会社まではバスで3、40分ぐらいで

正直続けられるか不安でした。

幸いなことに通勤ラッシュの時間とはズレていたのと

混雑するのとは反対側だったので

満員になることはあまりなかったです。

会社について仕事をして終わったら帰る

という流れでしたが、暇な時間が多くあって

半年ぐらい経つときまでは仕事も少しずつ増えたのですが

それ以降は変わらないことが続き

悩みが出てきました。

バスでの通勤は行きと帰りで不安になることはありましたが、

なんとか続けることができていました。

仕事の転機

毎日同じことの繰り返しをしていましたが

知り合いからうちで働かないかと声をかけて頂けることがありました

色々悩んだのですが

昔から知っている人で信用はできる方でした

自分も今の状況が続いていいのかどうか悩んでいる状態だったので

新しいことをやってみようと思い

会社を退社して、新しく会社に勤めることになりました。

現在もこの会社で働いていますが

未だに症状が完璧に治った訳ではなく

不安になることも多々あります。

周りの人ができるのに自分はできないまま

この先どうやって生きていけばいいのだろうかと悩んで

死んでしまおうと思ったこともありました。

でも死んでしまおうと思ったときに

どうせ死ぬんだったら何かに挑戦してみてからでもいいのかなと

と思い、なぜだか前向きになれるときがありました。

 

仕事なんて選ばなければ山ほどあるし

電車に乗らなければいけない理由はないし

世間体を気にしなければ生きやすい(難しいですが)

自分がやりたいことを見つけて

苦手なことには距離を置いていいじゃないですか!

 

ここまで見て頂けている人は悩みがあるんだと思います

1人で悩んでも自分はマイナスの方へ行くことが多かったので

できることなら理解のある人に話せるのが一番いいと思います

根本的に解決できる方法を知っていませんが

気分を楽にする方法を少しだけ習得できました。

パニック障害になって人に優しくなれるようになりました(^_^)

パニック障害で悩んでいる人の役に立てれば嬉しいです。